手机知网 App
24小时专家级知识服务
打 开
外国语言文字
文学が庶民に愛されていた時代——高度成長期の読者
従来の純文学と新作とから成る日本の戦後文学史は、現実の文学状況を正確には反映していない。大多数の庶民読者は、難解な哲学が文学の衣をまとっただけのような戦後の新作文こ名そ学作がにに、は勇高背気度をづ成向け長けら期、れとそ、いの人う代生人りを類に導史、か面上れ白かていつい大てた衆なか文いら学上でを昇あ愉期るしの。む人ま一々た方に、でそは、う、明心し治のた·糧啓大と蒙正し·的昭て·教和必訓戦要的前でな期あ名のっ作過た文去の学のである。
1 295
开通会员更优惠,尊享更多权益
手机阅读本文
下载APP 手机查看本文
日语学习与研究
2009年01期
论文一键智能排版
排版交给我们,时间留给研究
立即查看 >
相似文献
图书推荐
相关工具书

搜 索