手机知网 App
24小时专家级知识服务
打 开
世界文学
明石の君についての再考察
明石の君は、播磨の国の明石に住む前播磨守、のちに出家したので明石の入道と呼ばれた人の娘である。拙論は構想上、女性論、神論から明石の君について再考察してみる。構想上の点からみると、「明石の上」という呼称、人物像などを分析する。また女性として、「身のほど」、母性としての忍耐の限り、自制心の強い人などを検討してみる。神論の視点からみると、明石の入道が、住吉の神に祈った娘の宿縁の祈願は、源氏と明石の上との出会いという形で叶えられ、明石一族の栄達を源氏に結び付けていくことにつながる。
领 域:
关键词:
0 24
手机阅读本文
下载APP 手机查看本文
日语教学与日本研究——中国日语教学研究会江苏分会2014年刊
2014年
相似文献
图书推荐
相关工具书

搜 索