手机知网 App
24小时专家级知识服务
打 开
手机知网|搜索

「コーヒーでいい(です)」の適格性に関わる要因

孙杨

  本稿は、Austinの発話行為理論とGriceの協調原則に従い、「コーヒーでいい(です)」の適格性に関わる要因について考察を行った。考察を通し、1「コーヒーでいい(です)」の適切性は「文化的規約」という要因に左右されている。「文化的規約」に満足している場合は適切な発話になるが、そうでなければ適切な発話にならない。2日本語学習者は日本語に関する言語的な知識だけではなく、日本語に深く関わっている「文化的規約」に関する知識などの習得も不可欠である。というのは、言語的な知識だけで適切な発話を構成することが保障できないからである、などが分かった。今後、日本語学習者に、コミュニケーションをする際、「文化的規約」の間違いは言語的な知識の間違いよりも聞き手のフェイスを侵害しやすいことを知ってもらう必要があり、それなりの教授に力を入れるべきである。……   
App内打开